大きなメリットの一つとして、従来のタバコには、タールやヒ素、一酸化炭素などの身体に有害な化学物質を多く含むため、長年吸い続けることで、ガンやCOPDといった病気を引き起こすリスクが高いのですが、電子タバコの液体にふくまれている成分には、プロピレングリコール、野菜のグリセリン、食品用風味とニコチンの主にこの4種類しか含まれていないため、身体に悪影響を及ぼす危険性が低いということが挙げられます。
タールや一酸化炭素などの有害な化学物質が含まれていないということで、喫煙により身体に害をなされる危険性が少なくなり、従来のタバコと比べると喫煙によって癌やCOPDのリスクがとても低くなるので、従来のタバコを吸い続けるよりも安全ということが挙げられます。

電子タバコでお金の節約をすることができる

従来のタバコを吸い続けるよりも、とても安い費用で利用することができるため、お金の節約をすることができます。蒸気を吸うためのスターターキットというものを購入するとき以外には、一週間で2000円以下の費用で済むことが多く、リキッドと呼ばれている液体は約15mlで300本分のタバコと同じになります。そのため、普段からよくタバコを吸っているという人にとっては、かなり費用を安く抑えることができます。
現在の1箱410円のタバコの一本当たりの費用は、73円なので、毎日タバコを吸う事を考えるとかなり費用が安く抑えることができるため、普段からタバコをよく吸うという方は、かなりの費用を抑えることができるため、タバコにつかっているお金を節約することができます。

周囲への影響などを考えるとやっぱり電子タバコの方が良い

従来のタバコは吸う事がいけないという負のイメージが高いです。理由として、健康や周囲への影響などが挙げられますが、そういった病気などを心配する必要がなくなります。従来のタバコとは違い、悪臭や有害な化学物質を含んでいないということで、従来のタバコのように受動喫煙による影響がないので、周りへの健康被害に対する影響もほとんどありません。
また、吸い殻などの問題もなく、ポイ捨てなどの火災の心配がないということもメリットとして挙げることができます。
注意点としては、スターターキットを販売する業者の中には、安全性を無視している会社もあるため、購入する際には、信頼することができるメーカーを選ぶことと、従来のタバコと同じようにタバコが吸えない場所での使用はできるだけ避けることが必要となります。