リキッドタイプの電子タバコの人気が高くなっています。

電子タバコはアメリカで発明されその40年後に中国の漢方医が禁煙を目的としニコチンを含む液体を加熱して水蒸気にして吸引するものを作りました。中国国内ではあまり売れませんでしたがタバコの価格が高く喫煙場所の少ないヨーロッパでは人気となり翌年にはアメリカでも販売されました。2008年頃には日本でも販売されますがヨーロッパやアメリカでは販売されているニコチンが含まれているものは販売許可がおりておらずニコチン入りのものは個人輸入以外はありません。タイやシンガポールでもニコチンを含むものは輸入されていません。ニコチン以外にも様々な種類やフレーバーも多くおしゃれなものもあるので女性にも人気があり水蒸気を吸引するので禁煙を補助するアイテムとしても使う人も多いようです。

電子タバコは電池式と充電して使用するものがあります。

従来の紙巻タバコとの大きな違いは電気を使用するというものです。形状にはパイプの形をしたものや葉巻のようなもの紙巻タバコ型と様々な形がありますが仕組みは大きな違いはなく電池内蔵型や入れ換えるもの、充電式のいずれかのバッテリーの先に噴霧器をつけ、その先にリキッドを入れるアトマイザーをつける構造になっています。バッテリーの容量や電圧で水蒸気の量が調節でき大きく水蒸気をたくさん出せる爆煙タイプのものもあります。吸い方はボタンを押しながらリキッドと呼ばれている液体をバッテリーで加熱して発生する水蒸気を吸引します。種類によってボタンを連続して押すもの等と使い方は機種によって少し異なるものもあるので購入した時に添付されている商品説明を確認することが必要です。

リキッドの種類はたくさんあります。

リキッドの種類はタバコフレーバーのものやメンソール等の他にオレンジ、マスカット、キウイ等のフルーツもあります。スイカやリンゴなどの変わり種もあります。お菓子フレーバーはわたあめ、チョコレート、バニラ、メイプルチョコクッキー等がありお菓子を食べているような感覚になると女性にも人気があります。ブランデーやカクテルフレーバーも人気があります。国産のものや海外のものなど様々な種類のものがあり使い分けて楽しんでいる人も多いようです。カートリッジ式の電子タバコもありますがニコチンを特に必要としないのであればリキッドタイプのものはフレーバーの種類が多いことでたくさんの種類が楽しめ紙巻タバコをやめたいと考えている人や減らしたいと考えている人にもおすすめです。