知っておきたい、電子タバコのメリットと注意点

電子タバコは、香りや味のついた液体を蒸気にして吸い込むための装置であり、「VAPE(ベイプ)」という通称で呼ばれることもあります。普通のタバコとの違いは、火を使わないということや、ニコチンなどの有害物質を含まないこと(ニコチンを含むものもありますが、日本では販売が規制されています)などが挙げられるでしょう。以前は、値段の高いタバコの代用品として使用されていましたが、最近ではおしゃれなデザインのものも多いため、ファッションアイテムとして愛用する人が若者を中心として増えています。また、蒸気にするための液体は「リキッド」と呼ばれており、フルーツ味やスイーツ味、そしてタバコ味など多種多様な種類が揃っているため、自分の好みに合わせて味を変えられるということも大きな特徴だと言えるでしょう。

健康への悪影響が低く、お金が節約できる

電子タバコのメリットとしては、まず「普通のタバコより健康への悪影響が低い」ということが挙げられます。普通のタバコにはタールなどの有害物質が含まれているため、ガンなどの病気になる危険性が指摘されていますが、電子タイプのタバコであればその危険性は少ないと言えるでしょう。さらに、普通のタバコで問題になっている受動喫煙についても、電子タイプのタバコは有害物質を発生させないため安心だと言えます。その他のメリットとしては、「お金が節約できる」ということが挙げられます。電子タイプの場合は、本体装置を買うための初期費用(数千円程度)が掛かりますが、その後はリキッドを購入するだけで済むため、リキッドだけの費用で考えると、普通のタバコを購入する場合と比べて半分かそれ以下の費用に抑えることができるでしょう。

使用や購入をする前に知っておきたい注意点

電子タバコの注意点としては、まず「健康への影響が、まだよく分かっていない」ということが挙げられます。電子タイプのタバコには普通のタバコのような有害物質は含まれていませんが、まだ歴史が浅いため長期的な利用などによる影響がまだよく分かっていないという現状があります。また、現時点では、含有しているプロピレングリコールと呼ばれる物質が脱水症状を起こす可能性があることが指摘されているため、使用する際は水分補給をすることが望ましいとも言われています。その他の注意点としては、「粗悪品であることなどが原因で本体装置が爆発することがある」ということが挙げられます。ですので製品を選ぶ際は、信頼のおけるメーカーのものであるかどうかといったことをよく調べた上で購入することが必要だと言えるでしょう。